操作はコンピュータだから簡単にできる

操作はコンピュータだから簡単にできる

ジブラルタルや英領マン島、アルダーニー、オーストラリアやカナダといった信頼は出来る政府が発行したライセンスがちかごろは、増えています。問題があるといわれているソフトとしてHandaLopez、MGMSoftware、GSS(GamingSoftwareSystems)、FutureBetなどが挙げられます。

ふつうはこうしたところのライセンスを受けているところは安心デス。たいていソフトの種類がカジノサイトのトップに記載してありますので、きっとチェックしてください。

まるで聞いた事もない相手にお金を預けるなんて信頼が出来る大手のショッピングモールで買い物するのと違って、どうかしていると感じる方もいるとおもいます。ベリーゼ(Belize)やコスタリカのように、確かに、1年いくらというライセンス料さえ払えば誰でも審査もなしで取得できるオンラインカジノ運営ライセンスも存在します。

まず政府のライセンスをうけてないオンラインカジノははっきり言えるのは、信用する事出来ないということです。そうしたものが中南米のライセンスは少なくないです。

「100%オンラインカジノなんてインチキだ。でも、信頼はできるオンラインカジノは私の経験上言わせていただくと、確かに多数あります。

相手の顔も見えないし、操作はコンピュータだから簡単にできるはずだ」と思う方は多数でしょう。ソフトウェアがライセンスの次に大事な事になります。

無許可営業のオンラインカジノがどろんしたという例は過去に沢山ありました。以前は悪質なカジノが多くRTG(RealTimeGaming)という有力なソフトを使ったカジノは、問題が発生していました。

そう思うのも確かに不思議はありません。一方で、インチキなオンラインカジノも残念ながら数多くあります。

が、そのようなカジノをこのごろは閉鎖をし、以前より問題は多少は少なくなってるようです(まだそれでも問題多発です)。ただし、「意味なし」と特定の国が発行したライセンスを考えている人もいます。

100を超えるソフトがオンラインカジノ業界では使われていますが、公正さや信頼性が疑われてるソフトも中にはあり、コレは避けるべきです。


ホーム RSS購読 サイトマップ