住所をアカウントの開設時に登録

住所をアカウントの開設時に登録

複数アカウントを同一PC、同一IPアドレスから開く事も止めたほうがいいです。アカウントの開設時にどこのオンラインカジノでも、住所を登録。

たとえ家族のものであっても避けてください。これは、小切手を勝った時に郵送をしてもらうための住所デス。

ですから、クレジットカードやNETellerに登録している住所を必至確認してから、カジノにもそれと同じ住所を登録してください。別人の不正登録と毎回変えてると疑われるおそれがあります。

うまくチップ購入がクレジットカード会社に登録している住所とカジノに登録した住所が違うとできません。それから、絶対に他人名義のクレジットカードを使わないでください。

それぞれ夫婦でアカウントを持つ事も禁止をしているカジノがほとんどです。引き出しが最悪の場合出来なくなります。

一つ目のアカウントもバレると凍結されてしまいます。チップ購入がそれやりないと出来ない可能性が最大です。

こういった行為はどこのカジノでも禁止をされてます。不正に別人が使用していると解釈されてしまうからです。

それから、良くある間違いですが、複数のアカウントをひとつのカジノで開く事は止めて下さい。最近もし引っ越したりしてカード会社に登録をしている住所が古くなっている時は、カード会社にすぐに住所変更届けを出して最新の情報に更新をしてください。

購入に使うクレジットカードやNETellerアカウントのほんとの持ち主である事を共に、証明することにも使われます。例えば港町3-1-5でしたら、1-5Minatomachi3-chomeにするか、それとも3-1-5Minatomachiにするか等、どちらでも何よりののですけど、入力をどのような風にしたか記録しておくことが重要です。

なお、英語にすると住所の表現はまちまちデス。


ホーム RSS購読 サイトマップ